審美歯科しんびしか

歯科としての立場からのアンチエイジング

食べ物をおいしく食べられること…それは栄養摂取による全身の健康、噛むことによる脳の活性化、しいては生きる喜びにつながります。
審美面からいうと、加齢による歯の欠損・摩耗、そして噛み合わせの低下による顔貌の変化は歯科と密接な関係があります。

たとえば奥歯が欠損すると頬がこけ、噛み合わせが低くなると顔貌にシワがよります。

そして何よりも、食べ物をしっかり咀嚼できないことによる栄養障害が加齢を早める結果となります。

審美歯科

私たちは歯科としての立場から「アンチエイジング」への取り組みをしています。

ハイブリッドセラミックインレー

【ハイブリッドセラミックインレー】

むし歯が小さい場合、その部分だけを最小限に取り除き形成した上で、金属などを詰める方法をインレーといいます。金属の代わりにハイブリッドセラミックという天然歯と同じ色の材料を使用します。
金属をまったく使わないので、天然歯と見分けがつかない審美性を回復できます。

【メタルボンドクラウン】

歯にセラミックをコーティングした金属冠を被せる方法です。金属を使いますがセラミックをその外側にはりつけますので、見た目には問題なく天然歯のような審美性を得られます。短時間で歯の色調・形態の再現をして、歯並びを整える事ができます。

【オールセラミッククラウン】

セラミックの持つ審美性と強度を最大限に生かし、セラミック単体の冠を被せる方法です。金属を使用しないため歯肉の黒ずみの原因も少なく、天然歯のもつ透明感がより再現しやすいことで、自然の仕上がりが期待できます。短時間で天然歯以上の色調・形態の再現をして歯並びを整えることができ、より高い審美性の改善が可能となります。

【ラミネートべニア】

歯の表面のみを薄く削り、その表面にセラミックのシェルをはりつけ接着させる方法です。歯の切削量をエナメル質表層の最小限にとどめ色調・形態を修正するダメージの少ない修復法です。歯の形態を部分的に変えたり、わずかな歯と歯の隙間を埋めることができます。

ホワイトニング

【ホワイトニング ・ PMTC】

≪ホワイトニング≫
歯を特殊な薬剤で漂泊して、歯を白くします。医院で行う方法とご自宅で行う方法があります。

【オフィスブリーチ】
医院に通院していただき治療を行います。所要時間は約1時間、個人差によりますが2~3回の治療回数が必要です。
【ホームブリーチ】
歯型を取りホワイトニング専用トレーを作製して、自宅で行う方法です。約2週間行っていただき、当院でチェックいたします。

≪プロフェッショナル・クリーニング(PMTC)≫
特殊な機械を使って着色やバイオフィルムを除去し、歯本来のもっているきれいな色を取り戻します。最後にフッ素を塗って歯質を強化します。