むし歯になるのはどうしてなの?

普段から誰でも使っている「虫歯」という言葉。これは、簡単に言うと酸により歯が溶かされる病気のことをさします。

虫歯の原因となるのは、あまり聞いたことのない「ミュータンス菌」という細菌です。この細菌は、口の中に砂糖が入ってくると、活発に働いてまず歯垢(しこう、プラークともいいます)をつくります。

そして、歯垢の中で、歯を溶かす酸をつくるのです。この酸が歯の成分であるカルシウムやリンを溶かすこと、これが虫歯になるということなのです。

歯の表面はとても硬いエナメル質でできていますが、内部にあるやわらかい象牙質(ぞうげしつ)まで、この酸が進むと、どんどんと歯が溶けて、虫歯が大きくなっていきます。

また、食後しばらくは、唾液成分により酸が中和されているので、理想は、だいたい2~30分後にブラッシングなどをすることが、きちんとした虫歯の予防であるといえるでしょう。

関連記事

  1. むし歯になる前に

  2. むし歯の原因になる食べ物はなに?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。